失敗しないマンション売却を行うために知識をゲットしましょう

大切な土地を守るために

スーツのレディ

資産を守るお手伝い

いつの時代も、土地や建物など不動産は大きな資産になります。土地や建物を活用することで得られる不労所得や売却した代金は高額になることも多く、だからこそトラブルを招く原因になりかねないのです。東京都は面積そのものが小さい分、それぞれの土地が隣接していることも多く、土地の境界線が分からない、互いの土地面積で揉めると行ったことも珍しくありません。こうしたトラブルに対応できる強い味方が土地家屋調査士です。あまり聞き慣れませんが、土地家屋調査士は「土地の境界線や面積についてのプロ」であり、誰でも必ずお世話になっている存在といえるでしょう。例えば土地の境界線に埋められている、赤い十字のついたコンクリートは境界標と呼ばれ、誰でも一度は見たことがあるものです。土地家屋調査士はこうした境界標の設置や、境界標が設置されていないときでも境界線を算出できる知識や能力を持っています。ちなみに、不動産についての表示や登記、面積の計測や境界線の測量なども彼らの専門分野です。面積が狭い東京だからこそ、近隣との土地トラブルは起きやすいものです。東京都内は地価も高く、相続や土地購入の際、土地面積を曖昧にしてしまうと、大きな損をしてしまう可能性もあります。土地家屋調査士の専門事務所はもちろん、不動産会社と提携している調査士もいます。東京都内に対応してくれる関東圏の事務所も多く、トラブルを防ぐためにも、また大きな損失を防ぐためにも、土地家屋調査士の存在は強い味方といえます。